反応染色

反応染色とは染料が直接繊維に染めつかないので、繊維との間を化学反応によって結びつけ染着させる染色法。
染料としては反応染料が使われ、綿レーヨンなどのセルロース繊維染色に最も多く使われる。色は鮮明で染色堅牢度もすぐれている。

関連項目

染色
染料
繊維
反応染料
綿
レーヨン

セルロース
染色堅牢度

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る