双糸

双糸とは単糸を2本撚り合わせた(Ply yarn)という。
撚りを戻すと2本の単糸に分かれる。一般にプライヤーンは双糸が多いが、特殊なものは3本、4本単糸を撚ったものもある。強さは単糸の約2.5倍~3倍ぐらいになり、双糸を使用した素材は腰があり糸目もはっきりしている。3本撚り合わせたものを三子糸(みこいと)、4本撚り合わせたものを四子糸(よんこいと)と言う。

天竺を例にした生地に使用される表記では32/2天竺180g/㎡(32番の双糸を使用、1㎡での生地の重さ180g)等がある。40/2であればが細い為薄く、20/2であればが太い為厚くなる。併せて生地の目付けを考慮する。
160g/㎡であれば目付けが甘くなり、㎡内の本数が少ない為、柔らかくタラっとした風合いに仕上がり、甘編みとなる。200g/㎡であれば目付けが重くなり、㎡内の本数が多い為、張り感のある風合いに仕上がり、度詰めとなる。

但し、双糸の特性が基本となる為、生地の柔らかさ、目面の粗さをより求める場合は単糸を選択する事が望ましい。32/2と同等の単糸使い天竺となれば16/-となる。(16番手の単糸。32/2と同等の太さの単糸を使用)
求める風合いによって糸番手単糸双糸、生地目付けを指定する事が基本となる。

糸.jpg

関連項目 Edit


スパンヤーン
フィラメントヤーン
糸番手
単糸
撚り
天竺
目付け

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る