友禅染

友禅染とは模様染の一種で、元禄年間に宮崎友禅があみ出したためにこの名がある。多彩な色で花鳥風月などの絵柄を華麗に染め出した、美術工芸的な手法が用いられる。友禅にはつぎの種類がある。
・本友禅=手描友禅ともいう。
・型付友禅=写し友禅、板揚友禅ともいう。
・特殊友禅、板締友禅、液描友禅、機械友禅などがある。

関連項目

染色

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る