医薬部外品

医薬部外品とは薬事法に規定された医薬品と化粧品の間に位置するもので、普通の化粧品よりもやや効能範囲の広い化粧品を言う。配合する薬剤と効果が定められており、作用が緩やかでなければならない。主に制汗剤、育毛剤、ニキビ用化粧品、浴溶剤等がこの指定を受けていることが多い。これは日本独自の分類である為、成分表示については、2001年4月の薬事法改正による「全成分表示」は適用除外とされ、従来通り表示指定成分だけの表示になっている。

関連項目

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

その他用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る