加工糸

加工糸とは、各種のにさまざまな薬品などの処理による加工をおこない、かさ高さや伸縮性を付与したのことである。
他にも、金属糸、飾撚糸など種類は多い。とくにフィラメントのことである仮り撚りによる捲縮加工糸(けんしゅくかこうし)が大量に生産されるようになってからは、これを加工糸というようになった。

関連項目


捲縮加工糸
フィラメント

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る