仮撚り加工糸

仮撚り加工糸とは合成繊維フィラメントに、熱可塑性(ねつかそせい)を利用してかさ高性、伸縮性をもたせるように加工したで、その加工方法が仮撚り法によるもの。
仮撚り法とは、「フィラメント糸に3,000-4000回1m程度の撚りをかけ、熱セットした後で撚りを元に戻すと、細かいクリンプ(しわやひだ)を生じてふっくらとしたかさ高いとなるとともに伸縮性が生ずる」という原理を応用した加工法のこと。この加工糸の普及により、織物に似た製品が合成繊維フィラメント糸でつくられるようになった。捲縮加工糸と同義。テクスチャードヤーンともいう。

関連項目


合成繊維
フィラメント
熱可塑性
仮撚り法
フィラメント糸
撚り
クリンプ
加工糸

織物
捲縮加工糸
テクスチャードヤーン

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る