ローブモンタント

ローブモンタントとは首をすっぽりと覆うような高い立ち衿で、袖の長いドレスのこと。体をすっぽりと覆い、裾を後ろに引いたロングドレスが多く、喪服などにも用いられる。日本でも鹿鳴館時代によく見られたスタイル。モンタントとはフランス語で「立った」「上がった」という意味。

関連項目

ドレス
スタイル

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

アイテム名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る