ロメンクレープ

組織 Edit

品質 Edit

ロメンクレープ(romaine crepe)とはクレープの一種で緯糸に強撚糸を使った薄地の縮緬である。
透けた織り目と涼感のある風合いが特徴で、ジョーゼットに比較しての姿が近く整った織り目である。下着や夏用のドレスに使われる。

関連項目 Edit

織布
織物
クレープ
強撚糸
縮緬

ジョーゼット
ドレス


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る     TOP PAGEへ戻る