レイヤードルック

レイヤードルックとは重ね着をしたルックスの総称。セーターカーディガンを重ねるなどの形はすでにあったが、長袖シャツの上に、半袖のニットウェアを重ねるといった着こなしは、新しい。特に新しい感覚の重ね着をいうことが多い。ニューレイヤードルックの用語もある。ツインセットもそれのっひとつである。
ツインセットはツインニットともいわれ、衣服のコーディネート方法としては古く1930年代に流行したもの。色柄・デザインが同じのカーディガンとプルオーバーを重ね着するアンサンブルで、レイヤードルックのはしりのようなもの。
下の衣服をどのように見せ、上の衣服の色とのバランスをどのように組み合わせるかで、ファッション的なセンスや上手下手がの差がでる。2枚重ねをレイヤード、3枚以上重ねればスーパーレイヤードなどという。

関連項目 Edit

セーター
カーディガン
シャツ
ニット
アンサンブル
スーパーレイヤード

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る