リーヤーン

リーヤーンとは湿式で紡績した亜麻のこと。亜麻とは比較的寒い地方で栽培される一年草の植物で、繊糸の状態をフラックスや布地にするとリネンとよぶが、厳格な用語の区別はなく、現在では繊維も含めて一般的にリネンといわれる。
原産地はコーカサスから中近東付近といわれるが、主要産地は、北欧、特に旧ソ連、バルト海地方の東欧圏、ベルギー、フランスなど。繊維は細く、短い。強度があり、色は黄味がかった淡い茶色。風合いはソフトでしなやか、吸水性、放湿性、発散性、清涼感にすぐれている。ブラウススーツジャケットなどの衣料用、寝装用、資材用として使われている。

関連項目


紡績
亜麻
繊維
天然繊維

フラックス

ブラウス
スーツ
ジャケット

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る