ヤング/ヘルムホルツの3原色説

ヤング/ヘルムホルツの3原色説とは色の識別に関する色覚理論の一種で、20世紀初頭、ヤングの仮設をヘルムホルツが発展させた理論。、緑、(菫)の3色を混色することによって全ての色は再現でき、この3原色に反応する3種の視細胞がそれぞれに反応すると仮定している。この説は、カラーテレビに応用されている。

関連項目


あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る