モロケン

組織 平織 Edit

品質 レーヨン Edit

モロケン(marocaincrape/crapemarocain)縮緬またはクレープの一種で、表面に大きなしぼを表わした織物である。
表面にしぼ、すなわち凹凸を表わした織物は、一般的には和装用の織物縮緬綿糸使いのものをちぢみ(縮み)、、合繊フィラメント使いの洋装用をクレープという。
モロケンの組織は平織で、経糸には生糸やレーヨンフィラメントの無撚り糸を使い、緯糸には同種のフィラメントの右撚りと左撚りの強撚糸を交互に織り込むところは縮緬と同じである。
モロケンの特徴は緯糸強撚糸S撚りZ撚り、それぞれ2本ずつ一つの符口(ひぐち)に交互に打ち込むことである。これによって大きなしぼ立ちが得られ、織物も比較的厚地のものになる。
また、モロケンに似ているが、一つの符口にS撚りZ撚りを引き揃えて織る織物がある。これは主として和装地として使われ「雲井(くもい)縮緬と呼ばれている。モロケンよりやや細かいしぼとなる。さらに雲井縮緬ジャガード柄のものを「金波(きんぱ)」という。モロケンには緯糸に絹紡糸や綿糸など、強撚の紡績糸を使ったものもある。用途としては婦人用ワンピース、スーツ、またはふろしきなどである。

関連項目 Edit

織物
織布
[平織

レーヨン
縮緬
クレープ
綿糸
ちぢみ
フィラメント
経糸
緯糸

強撚糸
S撚り
Z撚り
ジャガード
紡績糸
ワンピース


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る     TOP PAGEへ戻る