モノフィラメン卜

モノフィラメン卜とは紡糸の過程で、ノズルから出てきた1本の化学繊維を、単繊維としてにしたものを指す。
すなわち太い繊維1本をそのまま1本のにしたもの。太い縫い、釣り、ブラシなどに用いられる。複数の繊維の束からなるマルチフィラメント(普通30-50本を合わせたもの)の対語。

関連項目


紡糸
化学繊維
繊維
マルチフィラメント

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る