モス

組織 平織 Edit

品質 綿 Edit

モスとはモスリンの略称。あるいは甘撚り綿使いの平織物のことで、着尺や襦袢の裏地に用いられるもの。日本ではナイスモスと呼ばれた。
モスリンとは、メソポタミアの首都mosulで織り上げたもので、この生地をフランスでmosselinと呼び、世界各国に広まったのが生地名の由来。ムスリーヌとも呼ばれる。従来は織物で、太さにむらの少ない良質の織糸で紡績や製織仕上げ、加工も入念に行なわれ、平織組織に織り上げた、しなやかな感触をした梳毛織物である。日本では綿織物でこの風合いをもたせたものを<モスリン><新モス>と呼び、夏のワンピースなどに使用されている。

モス.jpg

関連項目 Edit

織布
織物
平織
綿

モスリン
甘撚り
ムスリーヌ
紡績
梳毛
ワンピース

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る