モアレ加工

二次的な仕上げ加工。
モアレは元々「波紋形」という意味で、波形または雲のような形、さらに現在では木目状の模様のことをモアレという。
一般に合成繊維のフィラメント織物に施され、模様を彫刻したロールを持つモアレカレンダーを用いるか、普通のカレンダーに布を2枚重ねて通し、布面に木目模様を与える。

関連項目 Edit

合成繊維


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る