メリヤス

メリヤスとはニットと同義語。編物のことを昭和30年代頃まで、一般にメリヤスといった。以後、編物の急激な発展により、外衣までも含めた衣料の主要生地になったため、肌着、靴下のイメージの強いメリヤスから順次ニットということばに移行した。
メリヤスとはポルトガル語のメイアシュ(meias)、またはスペイン語のメジアス(medias)からきたことばといわれているが、いずれも靴下という意味である。現在でも肌着などの生地はメリヤスということばが一般的

関連項目

ニット

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る