ミュール精紡

ミュール精紡とは紡績の中の紡毛糸紡績に使われる方法。
撚りをかける作用と、木管へを巻きつける作用を別々に行うので能率は悪く旧式に属する方式である。これに対してリング精紡では撚りかけと木管へのの巻き付けを同時に行うので高能率であり、紡毛紡績も最近はリング式に変わってきた。

関連項目



紡績
紡毛糸
撚り
リング精紡
紡毛

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る