ポリウレタン弾性糸

ポリウレタン弾性糸とは米国ではスパンデックス(spandex)の一般名で呼ばれている。
ゴムのように500%(6倍)以上も伸びるただ一つの弾性繊維で、1959年に米国で生産が始まった。ゴムに比べて
①老化しない、
②はるかに細いができる、染色ができる、
などの特長がある。他のに対し5-6%の混用によって大きな伸縮性が得られ、ファンデーションなどに活用されている。日本ではライクラ〈オペロンテックス〉、エスパ〈東洋紡績〉、スパンテックス〈フジボウ〉、モピロン〈日新紡績〉、ロイカ〈旭化成せんい〉などの商標で生産されている。
ファンデーションのほか、パンティーストッキング靴下の口ゴム部分、水着、スキースラックスなどのスポーツ衣料、ジーパンなどのカジュアルスラックスなど、伸縮や締め付けを必要とするものに使われている。

関連項目


スパンデックス
染色
ファンデーション
パンティーストッキング
ライクラ
靴下
スラックス
ジーパン
カジュアル

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る