ペルービアンピマコットン

ペルービアンピマコットンとは繊維の長さが少なくとも約3.5cm以上もある超長綿の一種。
主にペルーのピウラバレーで栽培される綿花繊維にダメージを与えないよう現在もひとつひとつ手で摘まれる。非常に柔らかな極細繊維で、シルクのような手ざわりがあるのが特長。

関連項目

繊維
超長綿
綿花
極細繊維
シルク

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る