ベルスカート

ベルスカートとは西洋の釣鐘(ベル)のような形に作られたスカートウエストを細く、腰まわりをゆったりととり、裾にかけて広がりを持たせたデザインが特徴で、ダーツペチコート、芯の裏打ち等によって形づくられる。
1830年代から60年代まで流行したときは、クリノリンやフープといった下着の枠を付けて着用された。ベルシェープドスカートとも言う。

関連項目

スカート
ウエスト
ペチコート
ダーツ

あなたにおすすめ関連記事 Edit

参考文献 Edit

  • 著者:モード辞典編集委員会「モード辞典」2004.7.28発行 出版:モード出版局 総1014ページ

出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

アイテム名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る