ベリードラペル

ベリードラペルとはワイドラペルの1種で、特に内側にラインを弧状にえぐった感じのもの。1970年イタリアのスーツにあらわれ、ロープドショルダーと共によく用いられた。丸いラインを描くには特別な技術が必要とされ、洋服屋泣かせの衿型である。ベリードはベリーbelly(ふくらんだ部分、ふくらむ)の意からきている。 ロープドショルダーは肩先にロープがはいったように見える肩線のことをいい、ビルドアップショルダーと同じもの。
ベリードラペルは、広巾な下衿に合うようにカラー(上衿)もごつく、キザミも大きくなる、昭和が色濃い衿型。石原裕次郎が「太陽にほえろ」で着ていたスーツや、往年の映画スターや歌手が着ていたスーツに見られる。ウエストがタイトめにシェイプされ、すそにかけてきっちりフレア。肩幅はそれほど広くはないので、衿巾の広さが余計に目立つ。

関連項目

ラペル
スーツ
ロープドショルダー
上衿
下衿
フレア

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る