ヘリンボーンステッチ

ヘリンボーンステッチとは二本の線の間を透かして埋めるステッチのことで、出来上がりが骨のようになることからこの名がある。
ヘリンボーンは杉綾の意味。アップリケ、ドロンワーク、キャンバスワーク、チュールエンブロイダリーなどに用いられる。千鳥がけとも呼ばれる。

関連項目

ステッチ
ヘリンボーン
キャンバス

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る