ヘアシール

ヘアシールとは、食肉目アシカ科でアザラシの総称、またはその毛皮のことである。種類も多く、大半は北太平洋、北大西洋の北極圏など広範囲に生息している。
綿毛がないのが特徴で、灰銀色のはとても長く、やや堅いため、折ったり丸めたりするとが寝てしまい直りにくいので、取り扱いには注意する必要がある。
毛皮に用いられる種類は多く成長過程によってそれぞれ異なった模様があるため、異なった名称を持つ。中でも、珍重されているピーターやホワイトコート(日本名でフケフケ)だが、カナダ、アラスカ州政府が1964年に、太平洋沿岸のアザラシ捕獲に対して、一頭に付き五ドルの報奨金を出したために乱獲され、カナダにおいては1970年にホワイトコートの段階においては殺害を禁止し、ホワイトコートの段階においても制限を加えるという保護協定が確立した。
そのほかにもブルーバック、ハーブシール、レンジャーなどの呼び名がある。ヘアシールに対してファーシールはオットセイ毛皮のことである。

関連項目

皮革・毛皮
毛皮
綿毛

ホワイトコート
フケフケ
ファーシール

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

皮革・毛皮ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る