プラチナフォックス

プラチナフォックスとは、食肉目イヌ科で、ノルウェーで野生種が発見され養殖で開発した銀ぎつねの突然変異種の白金キツネ。
1939年に始めて出荷され、現在では養殖の大部分が北欧で生産されている。毛足は長く柔らかで、白か薄灰色で綿毛は薄いブルーグレーで、尾先は白い。全体に青みがかった純白ものが最良とされ、自然色で使われる。

関連項目

皮革・毛皮
綿毛

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

皮革・毛皮ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る