ブロック捺染

ブロック捺染とは版画の原理と同じで、模様を浮き彫りにした版木に、捺染料をつけて布地に印捺する。
この捺染は飛び出た部分が印捺するため、凸版捺染ともいう。版は木製のほかに銅製、陶製などもある。版は何種類かの小さな模様のものを組み合わせて、大きな模様をつくる。インド更紗や、インドネシアのバティックにも応用されている。

関連項目

染色
捺染
更紗
バティック

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る