ブルーフォックス

ブルーフォックスとは、食肉目イヌ科で、北欧ギツネの変色種で、キツネの中でも最も産出量の多い青ギツネのこと、もしくは白ギツネの青色相。
野生のものはグリーンランド、北米に生息し、養殖ものはロシア、スカンジナビア、ポーランドが主な産地であり、現在ではほとんどはノルウェーの養殖ものになった。
冬毛は薄灰色で夏毛は褐色がかってくる。最上級のものは青みの強い薄い色のもので、シャドーブルーは白ギツネの背柱に青みのあるのもので、1950年代に開発され、1960年代に初めて市場に出回った。
毛足が長く柔らかで、綿毛が密生しているため、抜群の保温力を持っており、現在のファーファッションには欠かせない素材となっている。染色してコート等のトリミングにも活用されることも多い。

関連項目

皮革・毛皮
産地
綿毛
染色
コート
トリミング

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

皮革・毛皮ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る