フィブリル化

フィブリル化とはミクロフィブリルがぱらぱらにほつれて毛羽立つ事。例をとして、セルロース繊維の分子は綿の場合、100本ほどが平行に束になってしっかり結合している。これをミクロフィブリルという。布地やを激しく揉んだり、こすったりするとミクロフィブリルがぱらぱらにほつれて毛羽立つ。
これをフィブリル化という。シルケット加工樹脂加工をしていない綿レーヨンの布地は、何回も激しい洗濯を繰り返すとミクロフィブリルの配列がぱらぱらになり、すなわちフィブリル化を起こし、布は硬くなりばりばりした手ざわりになる。

関連項目

繊維
セルロース

シルケット加工
樹脂加工
綿
レーヨン

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る