フィシューカラー

フィシューカラーとは身頃に三角形のショールの様な大きな布を縫い付けて、スカーフショールのような形に見せた衿を言う。フィシューは19世紀頃に登場した三角形のショールで、深い衿ぐりドレスを着たときに肩からかけて、身体に巻くようにして使った装飾的な布きれのこと。前がV字形に開いていて、後ろが三角形になっているため、セーラーカラーの変形とも言える。

関連項目

カラー
ショール
スカーフ
衿ぐり
ドレス
セーラーカラー

あなたにおすすめ関連記事 Edit

参考文献 Edit

  • 著者:モード辞典編集委員会「モード辞典」2004.7.28発行 出版:モード出版局 総1014ページ

出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る