ピークドラペル

ピークドラペルとはテーラードカラーの代表型の一つ。ピークは「山頂、尖った先端」の意で、下衿ラペル)の先が剣のように鋭角に尖り、ゴージライン(刻み線)がV字形を形成している衿型を言う。剣衿とも呼ばれる。多くは、男性用の礼服やダブルブレストの上衣に使われる。両前衿、ポインテッドラペルと同義。

関連項目

ラペル
テーラードカラー
下衿
ゴージライン
剣衿
ダブルブレスト
ポインテッドラペル

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る