バロンタガログ

バロンタガログとはフィリピンで男性が着用する正装用の上着で、スペイン領時代にメキシコから移入されたと言われる。パイナップル繊維を材料にした長袖シャツで、両サイドにスリットを入れ、全面に刺繍を施しているのが特徴。1960年代まではかぶり型で腰まわりをゆったりさせたものが一般的であったが、70年代に入って前明きで体にぴったりさせたものが流行した。これはマルコス元大統領が好んで身に付けていたことからマルコスタイプとも呼ばれる。女性の正装はテルナまたはテルノという裾の長いワンピースドレスで、パイナップル繊維の布地に刺繍を施し、バタフライスリーブにしている。かつては上層階級の衣装として知られたが、いまでは村の祭りに欠かせない衣装になっている。バロンピリピノまたは略してバロンとも呼ばれる。

関連項目

民族衣装
シャツ
スリット
テルノ
テルナ
バタフライスリーブ

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

その他用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る