バックスキン

組織 Edit

品質 ウール Edit

バックスキンとは
1)ドスキンに似た織物でバック(buck)というのは牡(おす)鹿のこと。したがって、おす鹿の皮という意味。ドスキン風の織物であるが、め鹿のドスキンよりも地合いのしまった厚手の紡毛織物である。

2)バックとは鹿の意で、雄鹿の革、もみ革のことで本来は鹿皮の銀面をけずりとって起毛した革だが、現在では銀面を削り取って起毛させた革の総称である。
buckは雄鹿の意味で裏を意味するbackと混同し、革の裏側を意味してバックスキンと称することがあるが、これは間違えである。本当はスエードという。
なお、牛革の銀面起毛させたものをヌバック、裏面を起毛させたもので、毛足の長いものはベロアと区別していう。靴や手袋、ジャケットなどに使われ、羊や子牛を使った模倣品などもある。

バックスキン.png

関連項目 Edit

織布
織物
ウール

ドスキン
紡毛
銀面
起毛
スエード
ヌバック
ベロア
ジャケット

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
皮革・毛皮ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る