ニューコットン加工

ニューコットン加工とは綿製品にノーアイロンなどのイージーケア性を持たせるために、綿織物に行う加工の総称。
1960年代から樹脂加工によるイージーケア性の付与が行われ、最近では形状記憶加工形態安定加工などが行われるようになった。

関連項目

綿
織物
樹脂加工
形状記憶加工
形態安定加工

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る