ニット

ニットとは「編む」という動詞であるが、単独でニットというと、「編まれたもの、編まれた製品」を意味する。
ニットメリヤスともいわれ、これはスペイン語のメディアス(medias)、またはポルトガル語のメイアス(meias)から転化したものといわれる。繊維製品には、織物、編物(ニット)、撚り物、網地(ネット)、組み物、不織布などがあるが、織物以外の他のものを総合して編組類(へんそるい)という。
ニットは紀元前のエジプトですでに知られていたが、編組類のなかのネットは、原始時代から登場していた。ニットの機械が初めてできたのは1589年であり、英国のウィリアム・リーによる。これは、ひげ針式の靴下編機であった。
今日、ニット製品のなかには、ニットウェア、ニットインテリア、ニットの産業資材が含まれる。ニットの編成方法には、緯編(よこあみ)式と経編(たてあみ)式があり、それぞれに各種の編機がある。
ニットの特性としては、①伸縮性がある、②しわにならない、着やすくて疲れない、③含気性があり暖かい、④クラフト性(工芸的・手芸的感覚)がある、カジュアル性などがあげられる。

ニット.jpg

関連項目 Edit

メリヤス
繊維
織物
不織布
靴下編機
緯編
経編

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る 
TOP PAGEへ戻る