ナフトール染料

ナフトール染料とは下漬け剤と顕色剤を混合させて不溶性の染料を合成するもの。
下漬け剤にはナフトールを用い、繊維に吸収させ、顕色剤と化学反応を起こしアゾ染料を合成する。綿レーヨンアセテートナイロンポリエステルなどに使用できる。染色には手間がかかるが、赤、青の鮮やかな色が出る。

関連項目

繊維
綿

レーヨン
アセテート
ナイロン
ポリエステル
染色

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る