ナッピング

ナッピングとはウール布帛生地等に行なう二次的な仕上げ加工。
布面の毛羽を波状、玉状、あるいは渦巻状に仕上げることを言う。起毛した布に適当な温度を与え、上から特殊な凹凸面を持ったゴム製摩擦板で加圧しながら摩擦する揉み加工等で毛を絡めて、毛羽を波状など特殊な表面に仕上げる。毛抜けを防ぎ玉状の凹凸のある独特の毛玉が特徴となる。ナッピングが施されたフランネルメルトンはウォーム感が増した風合いとなる。
元々はハンターや羊飼いの人々が木の枝などに引っ掛けた等、着用時に負う生地キズが目立たないように最初から生地の毛足をカールさせて仕上げたことに由来している。

ナッピング.png

関連項目 Edit

ウール
フランネル
メルトン

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る