ドロップドカフス

ドロップドカフスとは、カフス(衣服の袖口に付けられた帯状の部分)の部分が垂れ下がって、少し広がっているようなものの総称。
ドロップドは「落ちた」、「垂れた」という意味。また、鐘の形をしているものが多いことから「ベルシェイプカフス」ともよばれる。

関連項目

カフス
ベルシェイプカフス

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る