ドウスキン

ドウスキンとは、本来、雌鹿のものをなめした革のことであるが、現在では本物はなく、シープスキン、あるいはラムスキンをさす。
一般的には、白色が多く、ソフトできめが細かく、主に手袋などに用いられることから、羊皮の手袋のこともさす。礼服地のドスキンは「鹿皮まがいの羅妙」という意味で、ドウスキンから命名されたものである。

関連項目

皮革・毛皮
シープスキン
ラムスキン
手袋
ドスキン

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

皮革・毛皮ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る