トップ

トップとは羊毛紡績の場合、スライバーを太い軸の棒に直径約35cm、軸方向に約40cm、重量約8kgの羊毛を円筒形に巻き上げた後、軸棒を抜いたものをトップという。
また羊毛紡績ではトップを形成しているスライバートップといっている。トップの形で売買取引されることもあり、トップ製造までをトップメーキングといって、これだけのメーカーもある。

関連項目


羊毛
紡績
スライバー

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る