トウ紡績

トウ紡績とはフィラメントを極めて多数引き揃えて束にしたものをトウという。トウの太さは4,500-9,000デニールくらいある。この太いトウからをつくることをトウ紡績という。
トウ紡績は大別するとつぎの二種がある。
①直紡式(ダイレクトスピンニング方式)=トウを工程中でドラフトカット(けん切)しそのまま工程でにする方式。
②コンパーター式=トウからスライバーを製造し、これ以降は従来の紡績工程によってをつくる。いずれにしてもトウ紡績化学繊維だけに適合する紡績法である。

関連項目


フィラメント
デニール
紡績
スライバー
化学繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る