チノパンツ

チノパンツとは第一次世界大戦中にフィリピン駐留のアメリカ陸軍が用いた丈夫なパンツの生地が中国(China)でつくられたのが語源。
チノは厚手の綾織綿布を指し、色はカーキやベージュが多い。
現在ではカジュアルパンツの代表的なアイテムになっている。名称はチノパンツ、チノパン、チノーズ等、様々である。

関連項目

パンツ
綿
綾織
チノ

あなたにおすすめ関連記事 Edit

参考文献 Edit

  • 著者:モード辞典編集委員会「モード辞典」2004.7.28発行 出版:モード出版局 総1014ページ

出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

アイテム名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る