ターボステープラ

ターボステープラとはトウ紡績法の一種。主としてアクリルハイバルキー糸をつくる場合に用いられる。
トウを加熱延伸して張力を与えながら冷却し、さらに延伸して引きちぎってスライバーとする。こうして得られたアクリルスライバーを、未処理のアクリル繊維、またはウール、その他の天然、再生繊維と混紡し、これを湿熱処理するとこのトウから得たアクリル繊維は収縮し、他の繊維が表面に出たハイバルキー糸ができる。

関連項目


アクリル
ハイバルキー糸
スライバー
繊維
ウール
再生繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る