タータンチェック

タータンチェックとはスコットランドから古く礼服として用いられてきた柄で、紡毛梳毛織物が正式であったが、現在では木綿合成繊維なども用いられる。
格子縞で、そのデザインは当時群雄割拠していたクランと呼ばれる種族によって異なる。クランによって130種以上あるとされている。別にタータンブラッドとも呼ばれる。

関連項目

紡毛
梳毛

織物
木綿
合成繊維
格子縞

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る