タフタ

組織 平織 Edit

品質 、合繊 Edit

タフタとはや化合繊維を用いた布地のうち、もっとも細い横畝がある織物経糸諸撚り糸を、緯糸には片撚り糸をつかって平織にする。
無染地もしくは色糸を用いて玉虫、格子、縞などに織り上げたり、モアレ加工を施したものが多い。フェミニンでドレッシーな風合いのため、ドレスやリボン、ブラウスなどに用いられる。ペルシャ語で「紡ぐ」を意味するタフタ(taftan)に由来するとされる。

タフタ.png

関連項目 Edit

織布
織物
繊維

経糸
諸撚り糸
緯糸
片撚り糸
平織
モアレ加工
ドレス
ブラウス

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る