ソフトビッグショルダー

ソフトビッグショルダーとはビッグショルダー(大きな作りの肩)を、ただワイルドだけではなく、ソフトなイメージに仕上げたもの。いわばビッグショルダーの修正版といえる流行肩。
単にソフトショルダーという場合、ソフトなシルエットで形成される柔らかな肩線をいい、「肩パッドを入れない」「軽い着心地とするため、肩パッドも極端に少なくする」など、メンズのカジュアルジャケットに多く見られるショルダーライン。
オーダースーツ的にソフトなイメージを出すためには、肩先と袖付けの境を平らにおさえてしまう、一般的に「袖付けを割る」というような縫製方法もある。袖付け位置を通常より外側とする、ドロップショルダーなども見た目、丸型となるソフトなシルエットとなる。

関連項目 Edit

ビッグショルダー
シルエット
カジュアルジャケット
スーツ
ドロップショルダー

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る