スクープドネック

スクープドネックとはスコップですくった跡の様な半月状の曲線を描くラウンドネックを言う。スクープは「すくう」の意。
ボートネックより深くくられていて、肩先近くまであきが広がっている。1930年代にイブニングドレスで登場し、60年代にはブラウスにも取り入れられるようになった。

関連項目

ネックライン
イブニングドレス
ブラウス
ボートネック
ラウンドネック

あなたにおすすめ関連記事 Edit

参考文献 Edit

  • 著者:モード辞典編集委員会「モード辞典」2004.7.28発行 出版:モード出版局 総1014ページ

出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る