ジョーゼットクレープ

組織 平織朱子織 Edit

品質 レーヨンポリエステル Edit

ジョーゼットクレープとはクレープジョーゼットとも言う。経糸緯糸ともに右撚りと左撚りの強撚糸を2本づつ交代で織った非常に薄く、軽く、緩やか織られた経緯縮緬織物である。生地名の由来は20世紀初頭にフランスのドレスメーカー名「Georgette de la Plante」に因んで名付けられた。 梨地にしたものや両面平織、表を平織、裏を朱子織にしたものもある。略してジョーゼットと呼ばれる場合もある。用途は透ける程薄く、軽い風合いを活かしたブラウスドレススカートチュール等、主にレディスアイテムに使われる。

ジョーゼットクレープ.png

関連項目 Edit

織布
織物
平織
朱子織
[絹]]
レーヨン
ポリエステル
クレープ
ジョーゼット
経糸
緯糸
強撚糸
経緯縮緬
ブラウス
ドレス
スカート
チュール
アイテム

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る