ジオメトリック

ジオメトリックとは幾何学的なモチーフを生かしたルックス。 逆三角形ルック、長方形ルック、逆梯形ルックなどシルエットそのものが幾何学的であることが特徴。
ジオメトリックが幾何学的な柄を意味し、具体的には直線、曲線をいろいろに組み合わせて形成される文様のこと。ジオメトリックプリントなどは、これらの柄を衣服にプリントしたアイテムになる。
ジオメトリックの代表的なシルエットとしてあげられている、逆三角形のシルエットをもつスタイルは、1930年~40年代にアメリカで流行したボールドルック。ボールド(大胆)なルックスのスタイルで、肩幅をパッドなどで極端に誇張したものや、40年代のズートスーツに見られるもの。
いずれも広い肩幅をきつくウエストで絞った逆三角形に見えるシルエット。これらよりも更に誇張した奇抜ともいえるシルエット

関連項目 Edit

シルエット
ジオメトリック
プリント
アイテム
ボールドルック
ズートスーツ

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る