シルバーフォックス

シルバーフォックスとは、食肉目イヌ科で和名が銀ぎつねとよばれる。赤ギツネの突然変異でできたもので、カナダ、アメリカ(アラスカ)、ロシア、ノルウェー、フィンランドなどの北半球で養殖が始められ、全てが養殖種である。
毛足は長く、柔らかく、尾の先端が白い。刺し毛はブルーブラックに銀色の房状の霜降り、綿毛は灰色。最高級品は銀色の色合いが鮮明で、背にはっきりと黒い線があるもの。ワイルドな味があり、毛足が長いので、ゴージャスな雰囲気をもつ。
天然色のまま用いられることが多いが、毛色落ちがあるものには、かつて、銀灰色のバジャーのを糊付けするポインティング(刺し毛の移植)の加工もされた。
ファッションの傾向に左右されやすく、周期的に人気が上下し、アメリカでは1930年代後期には最大であった養殖場が閉鎖されたり、'70年代ごろは生産を止めるとこも多かった。

関連項目

皮革・毛皮
刺し毛
綿毛

ファッション

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

皮革・毛皮ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る