シルケット糸

シルケット糸とは綿糸を強く引っ張った状態で濃い苛性ソーダ溶液に浸潰するとのような美しい光沢が現われる。これをシルケット糸という。
織物では、織物にしてから、シルケット加工を行うことが多いが、ニットの場合には編地での強い緊張が得られないため、シルケット効果がでにくいので、特に光沢を要求する場合はシルケット加工をする。一般にシルケット加工をする場合はガス糸を使う。

関連項目


綿糸

織物
シルケット加工
ニット
編地
ガス糸

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る