シルケット加工

シルケット加工とは綿織物に行われる加工の一種。
シルケット加工綿の光沢、染色性、形態安定性、平滑性の向上等を目的とした仕上げ加工方法で、染色工程前に行われる事が通常である。
この工程はアルカリ濃厚溶液中で綿繊維を緊張状態で処理するもので、綿は濃厚なアルカリ液中で膨潤し、円形に近くなり光沢が増す。
綿が膨潤している状態で張力を加えることにより、寸法の安定性が保たれ、この処理により綿の非結晶領域が増加するので染色性が向上する。アルカリとして水酸化ナトリウムを用いるのが一般的だが、液体アンモニアによる方法もある。

シルケット加工.jpg

関連項目 Edit

綿
織物
染色
繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る